体臭 食べ物

体臭と食べ物というのは、非常に不快関係があります。

体臭の原因となる食べ物をなるべく少なくするという方法のほか、腸内環境を整えることで、体臭を少なくしていくという方法などがあります。

消臭成分を持つ食べ物もありますから、しっかり理解して体臭予防につなげていきましょう。

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一つですが、強い抗酸化作用をもっています。

皮脂の酸化を防ぐ作用がありますから、体臭予防になります。

ビタミンEは、抗酸化ビタミンと呼ばれるほど、抗酸化作用が強い栄養素です。

ポリフェノールは最近特にいろいろな面で注目される栄養素ですが、こちらも抗酸化作用が強力な栄養素で体臭防止に大きく役立ちます。

βカロチンも抗酸化作用のある栄養素ですし、腸内環境を良くするために食物繊維と乳酸菌が欠かせません。

腸内環境を良くするためには、善玉菌が必要となりますから、食物繊維、乳酸菌をしっかり摂取して、体臭予防していきましょう。

普段食べている食事にも着目してください。

肉食中心、つまり欧米食となっていませんか?海外の方の体臭が強いのは、やはり脂質の多い食事をしているからだといわれています。

日本人は昔、和食で野菜中心、お魚をよく食べていました。

お肉は脂肪を酸化させる活性酸素を増加させてしまうので、体臭を強くしてしまうといわれています。

日本で昔から食べられていた和食を継続的に摂取することで、体臭に徐々に効いていくということです。