乳液の選び方

乳液を選ぶときは、化粧水や美容液を使う時とは少し違う選び方が必要です。

化粧水は、美容成分を肌に送り込む、栄養補給の役割があります。

美容成分も保湿成分を補う目的もありますが、水分を保つというキープする役割もプラスされます。

これに対して、乳液に求められるのは、そうした栄養成分のカバーです。

化粧水や美容液などの水分だけだと、つけてもすぐに蒸発してしまうので、油分を含む乳液で膜をつくって乾燥から守ります。

つけるときも、化粧水の次に美容液がない場合は顔全体につけていいのですが、ひとつ前のステップで美容液を使った場合は、かさつく部分だけに塗るのでもオーケーです。

また、20代〜30代前半までは、肌の油分がまだ残されているので、美容液の後なら無理に乳液を使う必要はないという意見もあります。

ただ乾燥肌の人は、肌が乾燥しがちなので、使ってもいいでしょう。

乳液を使う、使わないをきっぱり決めてそのモットーを遂行するよりも、臨機応変に使っていくアイテムです。

乾燥しがちな季節になったら多めに使い、湿度が高い季節ならその日のお肌の調子によって使ったり、使わなかったりを使い分けるといいでしょう。

乳液にはクリームタイプと、ミルクタイプがありますが、クリームタイプの方が油分が多いです。

クリームタイプの乳液だと、肌がべとついてしまうという時は、ミルクタイプを使ってさらりと仕上げるようにしましょう。

いずれにしても乳液の本分は「膜を作る」です。