イチョウの葉と育毛の関係について

髪の毛が何となく元気がない、髪が傷んでヘアスタイルがきまらない、頭のてっぺん部分が透けて見えるようになった、額が大幅に後退したなど、髪の毛に関する悩みはさまざまです。

自分の髪の毛にこうした異常を感じたら手遅れにならないうちに、早速育毛をしなければなりません。

と言うのもいったん毛根が失われてしまうと、どのように高価な育毛剤や、新しく開発された新薬などでもまったく効果がなくなってしまうからです。

ところで比較的最近のことですが、イチョウの葉に非常に強力な育毛効果があることが分ってきました。

イチョウは並木道などとしても、好んで植えられる非常に身近な植物ですが、このおなじみのイチョウの葉が育毛にとても良いと言うのです。

実は昔から、イチョウの葉には血行を促進する効果や炎症を治すような働きがあることが分っており、人々は民間療法として長い間用いてきました。

イチョウの葉には、育毛に欠かせないフラボノイドを始めとして、テルペノイド、ギンコライド、ビロバノイドなどの非常に貴重な成分が数十種類も含まれています。

こうした成分は生活習慣病や動脈硬化、さらには認知症の予防や治療でも大きな効果を発揮しています。

関西大学の長岡康准教授は、2007年にイチョウの葉のエキスからビフラボンと呼ばれる成分を抽出することに成功し、この成分が育毛を行う上でたいへん効果が高いことなどもわかってきました。

こうして育毛剤や育毛シャンプーなどにもイチョウの葉のエキスが頻繁に使われるようになったのです。