グローバル債券とは?

グローバル債券とは、2つの国以上の国で同時に発行されたり募集される債券のことをいいます。

普通は、債券といえば、1つの国で、しかも国内だけで発行されて募集されることになるのですが、グローバル債券の場合には北米や欧州、アジアといった色々な地域で、発行され、募集されるという特徴があります。

ですから、1つの国だけで債券を発行するよりも、沢山の債券が発行できますから、それだけ資金が多く集まるという特徴があります。

グローバル債券は、世界の債券のことを総称して利用されることもありますので覚えておくといいでしょう。

2つ以上の債権市場で、同時に発行され、販売される債権ですが、投資適格の発行体が発行しています。

最初にグローバル債券が始まったのは1989年のことで、アメリカドル建て債券を発行してから、1991年にアジア開発銀行がアジアの資本マーケットを育てることを目的として、次々に市場規模が拡大しています。

決算については欧州のユーロクリア、アメリカのDTCなど国際的な決算機関が入って行われていますが、そういった決算機関をつないでいるシステムがすべて連動していますから、取引も決算もとても簡単です。

グローバル債券は世界の流通マーケットの間にあった価格や決算方法、売買などを行い、地域格差をなくすための働きをしています。

それだけでなく、債券の起債の国際化にも貢献しているという特徴もあります。

グローバル債券は特徴として流動性が高いことが魅力です。