元金均等返済って何?

元金均等返済とは、住宅ローンの返済方法のひとつです。

住宅ローンには、もうひとつ「元利均等返済」があります。

住宅ローンといえば一般的には「元利均等返済」のことです。

元利均等返済は、住宅購入金額とそれにかかる利息を合わせた金額と支払い回数から毎回の返済額を割り出します。

「元利」が均等になる仕組みですから、金利が大きく動かなければローンの始まりから終わりまで、ほぼ一定の金額を支払っていけばいいので、マネープランもたてやすく、多額の自己資金も必要ありません。

毎回の支払いが一定なため、ローンの初期の段階では返済金の多くが金利の返済に充てられてしまい、なかなか元金が減ってくれません。

返済が進むに従って元金返済への割合が増えていきますが、結果的に元金均等返済に比べると総返済額が多くなってしまいます。

元金均等返済は、購入代金を支払い回数で均等割りして返済額を決めます。

毎回の返済金がすべて元金の返済に充てられますから、ローン当初から元金が減っていきます。

しかし、返済金額には元金の均等返済金額にその時点での残高に対する金利がプラスされますから、ローン返済の初期段階ではかなり高額の返済額になります。

住宅ローンの審査には「総変換負担率」が大きく考慮されますから、毎月の返済金額に見合った月収がないと審査を通ることができません。

そういった事情もあって、元金均等返済を取り扱っている金融機関はそう多くありません。

また、最近では、元利均等返済と繰上返済を組み合わせて、元金均等返済の支払総額に近づける方法もコンサルティングされています。