ファイナンシャルプランナー取得方法

ライフプランのアドバイスを行うファイナンシャルプランナー。

現在金融業界を中心に注目を集めている資格です。

専業の資格というよりもビジネスマンのスキルアップのために取得されるケースが多いのが特徴です。

なお、ファイナンシャルプランナーの業務そのものは必ずしも資格を取得していなければならないというわけではありません。

このファイナンシャルプランナーの資格を取得する場合、まず問題となるのがどの資格を受けるか。

現在この資格は国家資格と民間資格のAFP、CFPの3種類が存在しています。

どの資格が有利なのかといった違いはほとんどありませんが、民間資格の場合は数年ごとに更新が必要となります。

事前に試験内容などをよくチェックして選択するようにしたいものです。

国家資格のファイナンシャルプランニング技能認定試験の場合、1級〜3級までが用意されています。

3級は入門編といったところで比較的容易に取得することができますが、就職・転職などに役立てたい場合には最低でも2級は取得しておきたいところです。

この試験では実技が行われます。

そのため独学で勉強する場合には工夫が必要です。

市販のテキストのほか、通信講座を選ぶとよいでしょう。

DVDなどで実技の内容を把握・勉強することも可能です。

ただし、現在出回っている通信講座の内容はあまり十分とはいえないという意見も多く、これだけで勉強しても合格するのは難しいという声もあります。

そのため、自分なりに勉強に必要な環境を整え、計画的に続けていくことが必要になるでしょう。

資格スクールに通うという方法ももちろんあります。

ビジネスマンが取得することが多い資格だけに、効率のよい勉強方法が求められます。